top of page

上演決定!プレスリリースとコメントが到着



  • 作・高橋亜子

始まりは六年前。鈴木裕美さんと新作ミュージカルを作る機会をいただき、どんな作品にしたいかアイデアを出し合うところから始めました。やがて自分の描きたい本質が見えてくる中、何度も打合せを重ね、脚本を構築してきました。作曲の清塚信也さん始め、素晴らしい俳優の皆さん、スタッフの皆さんが集まってくださり、いよいよスタート。身が引き締まる想いです。

これは共鳴の物語です。引き寄せられるように出会い、心が共鳴し合うことで、世界と繋がることができた二人の青年の物語。けれど思わぬ運命の中で二人の関係は変質していきます。それでも残るものを、見つめてみたいと思いました。人と人が出会い、一人では見られない景色を見ることは、人生で最も素晴らしいことの一つだと思います。心が響き合うことで生まれる形のない美しいものを、皆様にお見せできればと思っています。


  • 音楽・清塚信也

日本語というのは、英語とあまりにも遠いリズムで出来ていて、本来であれば英語のために作られた曲を日本語でやるのはかなり無理があります。

なので、日本語のために作られた音楽でミュージカルをやるのはとても意味のあることです。

それも、この素敵なメンバーで、日本のミュージカルが作れる喜びは、それはそれは強いものです。


  • 演出・鈴木裕美

とてもとても長い時間をかけて亜子さんと話し合ってきた物語です。

テーマは共鳴。共鳴というテーマは、ミュージカルという手法で語るのが最適なのは言うまでもありません。

音楽の清塚さんとは「シラノ・ド・ベルジュラック」で初めてご一緒し、ミュージカルを作るのは「GOYA 」に続き2作目です。清塚さんの繊細で自由で詩情溢れる音楽と、物語に対する冷静で正確な視線には全幅の信頼を寄せています。

振付の柴一平さんとは「陰陽師」など多くの作品でご一緒しており、今回はコンテンポラリー、バレエ、ジャズと多彩な振付をお願いすることになっています。

俳優陣も何度もご一緒している方、初めましての方含めて実力のある方ばかりです。

このミュージカルを見ることを最も楽しみにしているのは私かもしれません。


  • ウエンツ瑛士

このメンバーで日本初演、オリジナルミュージカルをやれる事をとても嬉しく思います。現時点で最高に面白いですが、微力ながらも稽古をしながら自分が感じた事をしっかり伝えてどんどんブラッシュアップしていきたいと思います。

改めてオリジナル作品を作ることがどれほど大変か、そしてミュージカル作る事がどれほど大変か、感じています。これは本当に才能があって、努力が出来る人じゃなければ作れない作品です。しっかりとリスペクトを持って、しかし臆する事なくチームを作っていきたいです。全てを曝け出して委ねられる仲間がいる安心感。みんなでお客様に届けます。

今から楽しみでしょうがないです。是非ご期待ください。


  • 上川一哉

この度、エミール・マルタン役を務めさせていただきます。まずはこの作品とのご縁をいただけた事に心から感謝いたします。と同時に、胸の高鳴りをおさえる事が出来ない自分がここにいます。

このエミールという役は僕にとって、本当に、大きな大きな挑戦です。幸せな挑戦です。

ありのままの自分をさらけ出し、全力で作品と役に向き合っていきます。真っ白なキャンバスに、心そのままにエミールを描き、ご一緒させていただく素晴らしいカンパニーの皆さまと共鳴し合いながら、この作品を旅していけたらと思っています。

よろしくお願いいたします。


  • 上山竜治

数年前に、演出の鈴木裕美さんが『国産オリジナルミュージカル作品を創っている』と仰っていて、盛り上がりながらお話をさせていただいたのを覚えています。それがこうして、素晴らしいキャスト、スタッフが集まり実現し、しかも自分がそこに出演させていただくことに感動しています。

この作品は、孤独を感じやすいこのご時世に、手を差し伸べ合うことの大切さを感じさせてくれます。凸凹の2人が足りないものを補いながら、不器用ながらもトラウマに立ち向かっていく姿を見て、時に笑いながら、一緒に"共鳴"してもらえるように頑張りたいです。

ぜひ、世界初演のオリジナル作品を劇場で、生で、ご覧ください。


  • 小柳 友

今回初めてミュージカルに出演させていただきます。

華やかなミュージカルの世界に一歩足を踏み入れることがはたして自分に出来るのか…と不安な気持ちでいっぱいでしたが、この脚本を最初に読んだ時、参加したい、この作品の一員になりたい、ジャン役を通してエミールと共鳴したいと強く思いました。希望を見出してくださった演出の鈴木裕美さんには感謝しかありません。

錚々たるキャストの皆さんと並んでいることに正直震えておりますが、不安と期待の狭間にいる今を楽しみたいと思います。憧れてやまない藝術の世界にどっぷりと浸かりつつ、今できる自分なりの全てを尽くして、みなさまに届けられたらと思っています。

最新記事

すべて表示

Blu-rayの一般販売、5/20(月)より開始します!

ミュージカル『アンドレ・デジール 最後の作品』Blu-rayの先行予約にたくさんのご注文をいただき誠にありがとうございました。 お待たせしておりました一般販売の準備が整いましたので、以下の通りご案内申し上げます! -------- 一般販売 ☆受付期間 2024年5月20日(月)10:00スタート ☆価格 ウエンツ&上山ver. ¥9,900(税込) 上川&小柳ver.   ¥9,900(税込)

Blu-rayの発送を開始しました!

ミュージカル『アンドレ・デジール 最後の作品』Blu-ray先行予約分の発送を開始いたしました。 大変お待たせしてしまいましたが、数日以内に皆様のお手元へ到着する見込みです。 どうぞお楽しみに! 以下、ご確認ください。 ★特典映像について ・初日会見の様子 ・大千穐楽カーテンコール *舞台裏も含む ★一般販売について 本Blu-rayの一般販売は5月末より開始予定です。 準備が整い次第、ご案内いた

【続報】ミュージカル『アンドレ・デジール 最後の作品』Blu-rayをご予約いただいた皆様へ

ミュージカル『アンドレ・デジール 最後の作品』Blu-rayの先行予約にお申込みいただいた皆様、改めましてご予約誠にありがとうございます。 商品のお届け時期につきまして、 3月20日頃の発送予定とお伝えしておりましたが、誠に恐縮ながら4月初旬となります事をご了承くださいませ。お手元への到着は4月3日〜10日頃になる見込みです。 発送状況は、改めてお知らせいたします。 楽しみにお待ちいただいている皆

Comments


bottom of page